今有望な投資先は何処か?

2016年年初から株式市場は絶不調、日経平均株価は年末から一気に3,000円も下げてしまった。
中国経済の失速・原油安・為替は円高基調・アメリカ経済の失速懸念・アメリカ利上げの不透明など世界の株式市場に暗雲が立ち込めている。

日銀はマイナス金利を導入したものの、市場はプラスに捉えているとは言えず、為替は円高方向、株価は不安定の図式はそのままだ。
この頃はイギリスのユーロ離脱や、アメリカ大統領選挙の進捗も懸念材料として追加されつつあるようだ。
低金利が続いているので、苦しい苦しいと言いながら市中にはお金がだぶついているとも言えなくはない。
銀行に預けてもしょうがないからと家庭用の金庫がぞくぞくと売れているらしい。
銀行にも置けず、株式投資も怖くて手が出せず、お金がタンス預金になってしまってはますます市中にお金が回らなくなってしまう。

またタンス預金では当然金利も付かないので面白くない。
好調な投資先も実はある。
不動産投資信託だ。株式市場が年初から爆下げしているが、東証REIT指数は年初から乱高下を繰り返しつつも上昇している。
不動産上場投資信託は利回りもそれなりに期待出来るし、日銀の金融緩和が続く以上避難場所のように資金の流入が続くのではないか?今はJ-REITへの投資が面白そうだ。

初心者こそリスクを重視しましょう

資産運用とかあるいは副業として投資を考えている人は初心者の場合、数ある投資の中から何を選べばいいかよく分からないと思います。
知識や経験が無い初心者にとって利益の大きさはもちろんですがそれよりも気になるのは安全性や確実性、つまりリスクではないでしょうか。

投資を確かな収入源にするには長く続ける必要がありますが、それにはリスクが重要なのは言うまでもありません。
何事も初めが肝心と言いますから初心者ほどリスクには気をつけるべきです。
では初心者にはどんな投資がいいのでしょうか。その答えの一つがバイナリーオプションです。
バイナリーオプションとは外国通貨取引の一種で、今とても人気があります。
その理由は一言で言えば「解りやすさ」です。

取引方法は将来のある時点での為替相場が現時点よりも「上がる」か「下がる」かを予想する二者択一なのでとてもシンプルな方式です。
予想が当たれば掛け金に配当倍率が賭けられて報酬になり、外れても損失は掛け金の分だけで予想外に膨らむ心配が無い、という点でリスクが判りやすくて管理しやすくなっています。
リスクの把握・管理も含めて「解りやすい」バイナリーオプションはこれから投資を始める人に正にピッタリの投資方法なのです。

株主優待銘柄を買う

毎月の小遣いでは、なかなかやり繰りが出来ない私。
地道に貯めた50万で株主優待がある銘柄に株式投資をしています。
それも、一年で二回優待がもらえる銘柄ばかり投資しています。

クオカードや食事券が貰える銘柄を狙って買っています。
クオカードはコンビニで使用できとても使い勝手がいいです。
また、家族で出かけた時なんかは食事券を使用しています。
もちろんわずかですが株主配当もありますので、ちょっとした小遣いにもなります。
今では約10銘柄もっており、毎月どこかの優待が送られてきます。
それが小さな私の幸せです。

また、銀行に預けても利息が少ないのですが配当金の高い銘柄は貯金代わりでもいいですね。
まぁ、もちろん初期投資額よりも下がる可能性もあるのですが、今は貯金額(現金)よりも投資に使用している金額の方が多くなっております。
株主優待を実施している銘柄をこれからも買い続け、家計の手助けにもなればいいかなぁなんて考えています。

バイナリーオプションの仕組みを知る

投資には株式やFXなど様々なものがありますが、バイナリーオプションも同じように投資として人気の高い金融商品です。
バイナリーオプションは、証券会社やFX会社などで販売されているケースが多く、独自で商品を販売している海外の業者もあります。
通貨の差額によって取り引きを行なうFXと比較しますと、バイナリーオプションはもっと単純なルールであり、為替などが上がるか下がるかを予測して投資を行なうものです。
レバレッジを行わなくても良いですので、最大損益を確定しやすいといったメリットがあります。

バイナリーオプションを行なう際には、業者選びが極めて重要になります。他の金融商品と同様にお金を専用の口座に預けて投資をしていきます。
投資に参加出来る最低金額は業者によって異なっており、口座から下ろせる最低額も決まっている事が多いですので、契約者の都合の良い方法を採用している業者を選択すれば、利益が出たり、損が出た時に口座からお金を引き出しやすいでしょう。